効果

防犯フィルム?優れた効果?

防犯フィルムとは、主に空き巣による窓ガラスからの侵入を防ぐためのフィルムです。室内のガラス面に貼り、ガラスが割れてもフィルム自体で抵抗できるように、高い強度が備わっています。以下は、防犯フィルムが持つ優れた効果です。

防犯効果

通常の窓ガラスは、簡単に壊されて空き巣の侵入を許してしまいますが、防犯フィルムを施すことにより空き巣の侵入を防げます。ハンマーやバールで叩いてもなかなか破壊できないため、時間がかかって空き巣に侵入をあきらめさせるのです。

空き巣は5分以内に侵入できないと7割があきらめ、10分以内に侵入できないと9割があきらめるというデータがあります。

飛散防止効果(地震・台風などの防災対策)

地震や台風などにより窓ガラスが破損した場合でも、破片の飛び散りを防げます。地震や台風などの災害時には、窓ガラスが割れ、飛散したガラス片が原因でケガをするといった二次災害が発生します。対策として防犯フィルムを窓ガラス全面に貼るだけで、ガラス片の飛散・落下を防ぎ、非常時における安全性を確保できるのです。

さらに、震災時などには窓が有効な脱出口となります。傾いた家では窓が開けられず、窓ガラスを破って脱出するケースも考えられます。その際、防犯フィルムを貼っておけば、ガラス片の飛散を最小限に抑えて避難できるのです。

UVカット効果

防犯フィルムは紫外線をカットします。太陽光による室内のカーテンや家具などの日焼け、色あせを防げるのです。また、太陽光に含まれる熱を抑え、夏場の冷房効果を向上させます。

ケガ防止効果

お子様やお年寄りが万一転倒して窓ガラスに衝突した場合でも、防犯フィルムが貼ってあればガラスが飛散しないため、大ケガをする危険を回避できます。

防犯フィルムと防犯ガラスとの違い

防犯フィルムと防犯ガラスでは、どちらが優れているのでしょうか?それは「防犯フィルム」でしょう。

防犯フィルムはその防犯性能はさながら、災害時などの安全性に大変優れています。外側から窓ガラスを破壊された場合でも内側にフィルムが貼り付けてあるため、室内にガラスが飛散することはありません。地震や台風などの災害時にも安心です。

また緊急時など、内側からガラスを割って脱出を試みる際に、防犯ガラスの場合はガラスとガラスの間にフィルムが挟まっているため破損するのが難しくなります。一方、防犯フィルムであれば外側からの力に対しては強度がありますが、内側からは突き破ることができます。その際もガラスが飛散しないため、安全に非難することができるのです。

インターネットからのお問い合わせはこちら